運動を正常に戻す必要|腸内環境をサプリで改善できる

血糖値のコントロールを

赤い錠剤

飲むだけなので続けやすい

糖尿病かどうかの診断基準の1つにヘモグロビンa1cがありますが、この数値が6.5%以上になった場合は糖尿病と診断されます。また、糖尿病と診断されなくても医師から血糖値が高いことを指摘されることもあります。その場合は、糖尿病の予備軍の段階ですので食生活の改善と運動習慣を身につけることによって血糖値の値を下げることができます。また、この段階だと血糖値を下げる効果のある健康食品を摂取することによってもヘモグロビンa1cの値も下げていくことができます。理想を言えば、食生活の改善と運動だけで血糖値を下げることができればいいのですが、続けること自体が難しいものです。そこで、続けやすくて血糖値を下げる効果のある健康食品が人気です。

有効な成分

血糖値を下げる効果のある健康食品には様々な原材料が使われていますが、代表的なものをご紹介します。田七人参は、サポニンの量が非常に多い為にヘモグロビンa1cの値を下げる効果が最も高いと言われているものです。健康食品でお馴染みの高麗人参は、予防効果が高くまた様々な栄養素を含んでいるので栄養補給にも向いているものです。DHA・EPAは、青魚に含まれている成分であり糖尿病の予防だけでなく糖尿病によって引き起こされやすい血管系の病気の予防にも役立ちます。納豆キナーゼもDHA・EPAと同じ血流の流れを良くし糖尿病を予防してくれます。菊芋は、菊芋にある水溶性食物繊維が体内の酵素と結びつくことによってとフラクトオリゴ糖にかわり、このフラクトオリゴ糖が余分な糖を体外へだす働きをしてくれることによってヘモグロビンa1cの値を下げることができます。どれも糖尿病予防には効果的な成分が含まれていますので、自分が続けやすいものを選択するといいでしょう。