運動を正常に戻す必要|腸内環境をサプリで改善できる

イソフラボンの豆知識

中年の女性

調整しながら飲む

更年期用のサプリメントには、卵胞ホルモンの補充効果があります。更年期障害治療のひとつ、ホルモン補充療法よりも安全にできますが、サプリでも過剰な摂取は禁物です。大豆イソフラボンのサプリメントは、過剰摂取することで乳がんのリスクが高まる恐れがあります。もともと日本人はイソフラボンを食事の中から無意識のうちにとっています。納豆なら1パック、豆腐なら半丁で1日に必要なイソフラボンが摂取できます。大豆イソフラボンのサプリメントを飲むなら、食事から摂るイソフラボンのことも考えて、その日ごとに調整することが大切です。大豆イソフラボンのサプリは、正しい分量だけ飲むようにすれば更年期障害のさまざまな症状を抑制することができます。

エクオールの効果

大豆イソフラボンのサプリメントをさらにパワーアップさせたのが、最近注目の物質「エクオール」です。エクオールにはスーパー大豆イソフラボンと言う名称もあります。大豆イソフラボンの有効成分をそのままをサプリメントにしたものです。大豆イソフラボンは、腸内でエクオールに変換されることで更年期障害に効果がでます。エクオールに変換できるかどうかは、腸内細菌があるかどうかで決まります。エクオール産生菌を持つ割合は、関東人は50%程度、納豆をあまり食べる習慣がない関西人は30%ほどです。もともと日常生活で幼い頃から大豆加工食品を食べている人ほど、エクオール産生菌が多く、大豆イソフラボンの恵みを受けやすいと言われています。