運動を正常に戻す必要|腸内環境をサプリで改善できる

目を大事にするために

婦人

一番は休憩すること

現代人はパソコンやスマートフォンをよく見ているので目をよく使います。そのため目が疲れやすく眼精疲労にもなりやすい傾向にあります。眼精疲労になると目が疲れるだけでなく肩こりや頭痛、めまいや吐き気なども起こってしまうので、仕事や家事にも支障をきたしてしまいます。眼精疲労を予防し改善するためには、継続してパソコンやスマートフォンを見ていたら、合間に休憩を挟む事が一番です。集中して同じところばかりを見ていると目の神経が緊張したままになり、眼精疲労はひどくなるばかりです。眼精疲労を改善するための成分は多くありますが、栄養を多くとったからといってすぐに眼精疲労がよくなることはあまりありません。すぐに効果を期待するのであれば、休憩を挟み目を休め神経の緊張をほぐしてあげる事が一番です。

アントシアニンの効果

眼精疲労に効果的な栄養成分は、プルーベリーやビルベリーに多く含まれているアントシアニンです。目の網膜にある紫色の色素のロドプシンの再合成を助けてくれます。ロドプシンは人間が目でものを見るという行動をするためには欠かす事が出来ないものですが、目を酷使しているとロドプシンはどんどん減っていきます。再合成はされていますが、目を酷使していると再合成が追いつかなくなり、そして眼精疲労へとなっていきます。そのためロドプシンの再合成を助けるアントシアニンは目の疲れの予防と改善には欠かすことが出来ない成分です。そして、アントシアニンの他にも、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ルテインなどが予防と改善に良いとされています。食事や健康食品を利用して、積極的に摂取しましょう。